【C4C】コミュニティ・4・チルドレン 宮城での活動記録

宮城県内における、地域一体で取り組む福祉・防災学習の情報を発信します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【活動レポート】岩沼市立岩沼南小学校で「障がい者や高齢者の生活体験」を行いました。

 12月17日に同小学校で実施した福祉の授業( http://c4cmiyagi.blog.fc2.com/blog-entry-14.html )の第二弾として、2月25日(火)、体に障がいのある方やお年寄りの生活を体験してみよう!という授業を、C4C菅原が講師として行いました。
 当日は5年生3クラスがクラス毎に調理室に入り、生活グループにわかれて料理体験をしました。調理中、聞こえない(耳栓をする)、片腕を使えない、しゃべれない、といった障がい擬似体験を一人ひとりがしました。障がいがあるからできない…ではなく、障がいのある人も大人も子どもも、力を合わせればいろんなことができる、ということを伝えたかったこの授業。始まるまではドキドキでしたが、いざ調理が始まると、片腕が使えない生徒にしゃべれない生徒が無言ながらも優しくサポートしていたり、耳の聞こえない生徒にジェスチャーで調理方法を伝えていたり…自然と助け合う姿をあちらこちらで見ることができました。
06

 この日、作ったメニューは「おさつdeみたらし」。さつまいものお団子にみたらしあんをかけるおやつメニューです。実はこのメニュー、サバイバルクッキングのレシピ本に載っているものです。調理過程にポリ袋を使ったり、ラップを使ったりといった工夫がされています。また、食物アレルギーのある子どもでもおいしく食べられるよう食材にも工夫がされています。災害時の助け合いについても伝えたく、このメニューをえらびました。
07

 みたらしあんを作るのに苦労していたグループもありましたが、試食の際は完成を喜びながら、おいしい!と笑顔で食べていたのが印象的でした。
 実習後、とある担任の先生から、「障がい者や高齢者の暮らしを知るだけでなく、生徒たちの普段の学校生活にも活きる思いやりや助け合いの心を育む時間になったと思います。」という感想をいただきました。生徒と一緒に試食をしたときには、「私のお母さんも福祉のお仕事をしているんだよ」と話してくれた子や、「この仕事をしていて良かったことってなんですか?」と質問してくれた子がいました。
 子どもたちにとって、「福祉」というものが以前より少しでも身近になってくれていたらうれしいです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。