【C4C】コミュニティ・4・チルドレン 宮城での活動記録

宮城県内における、地域一体で取り組む福祉・防災学習の情報を発信します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/12 仙台防災未来フォーラム2016「市民の防災枠組~マチノワを創るために~」にて活動報告を行いました。

20153月に開催された、国連防災世界会議。あれから1年近くがたつ2016312日に、仙台防災未来フォーラム2016(主催:仙台市)が開催されました。

分科会「市民の防災枠組~マチノワを創るために~」(主催:特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター/仙台市)において、C4Cみやぎ・菅原がパネリストとして登壇。午前中のパネルディスカッションにおける活動報告と、午後の防災・減災ワークショップにおける防災プログラムの提供および進行を担当させていただきました。


IMG_0042.jpg 

パネルディスカッション「震災から5年-活動の変化とこれから-」においては、外国人、障がい者、子ども、コミュニティ、それぞれの分野において震災後支援活動を続けてきた方々とともに、当時の状況を振り返り、防災・減災をテーマにこれからの活動の中で必要な姿勢や取り組みを考えました。

登壇者

コーディネーター:池座 剛 氏 / 東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)

パネリスト:

 伊藤 友啓 氏 / 公益財団法人 宮城県国際化協会

 小椋 亘 氏 / CILたすけっと

 及川 智 氏 / 社会福祉法人 ありのまま舎

 高橋 悦子 氏 / 6・7コミネット サロン部会

           特定非営利活動法人 冒険あそび場せんだい・みやぎネットワーク

 菅原 清香 / 一般社団法人 コミュニティ・4・チルドレン


IMG_0163.jpg DSC_0898.jpg

 「防災・減災ワークショップ」においては、昨年7月に七ヶ浜町社会福祉協議会の世代間交流事業において提供した「非常袋の中身を考えよう!」という防災ゲームについて、開発までのエピソードを交えながらご紹介をしました。その後、会場の皆さんに震災当時を振り返りながら、今後に向けて備えておきたいものや、これからを生きる子どもたちに伝えていきたい教訓について考えていただき、それらを素材としながら防災ゲームを実施しました。

 

 そして一日の最後に、「つながる深めるダイアログ」として、青年会議所・大学・社会福祉協議会・中間支援NPOの方々が登壇され、仙台市民や関係機関がよりつながり、防災・減災力を高めていくために、できること・必要なことについて語り合いました。

登壇者

コーディネーター:池座 剛 氏 / 東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)

パネリスト:

 金ヶ崎 政伸 氏 / 公益社団法人 仙台青年会議所

 其田 雅美 氏 / 東北学院大学災害ボランティアステーション

 早川 敏 氏 / 社会福祉法人 仙台市社会福祉協議会

 菊地 竜生 氏 /  仙台市市民活動サポートセンター

「自分の団体・組織は災害が起きたらどのように動くのか、を日頃から発信しておくことが大切では。知らなければ、頼ることもできない」といった参加者からの意見もあり、取り組みを推進していくだけでなく、情報発信の必要性も感じました。

 

主催者の皆さま、ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。